すべてのオプション
squeeze  ] [  squeeze-backports  ] [  wheezy  ] [  jessie  ] [  sid  ]
[ ソース: keepalived  ]

パッケージ: keepalived (1:1.2.2-3)

keepalived に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

keepalived ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

類似のパッケージ:

Failover and monitoring daemon for LVS clusters

keepalived is used for monitoring real servers within a Linux Virtual Server (LVS) cluster. keepalived can be configured to remove real servers from the cluster pool if it stops responding, as well as send a notification email to make the admin aware of the service failure.

In addition, keepalived implements an independent Virtual Router Redundancy Protocol (VRRPv2; see rfc2338 for additional info) framework for director failover.

You need a kernel >= 2.4.28 or >= 2.6.11 for keepalived. See README.Debian for more information.

タグ: システム管理: 監視, ユーザインタフェース: デーモン, ネットワークの利用方法: サーバ, 役割: role::program, use::monitor

その他の keepalived 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

keepalived のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
s390x 157.1 kB383.0 kB [ファイル一覧]