すべてのオプション
wheezy  ] [  jessie  ] [  jessie-backports  ] [  stretch  ] [  buster  ] [  sid  ]
[ ソース: r-base  ]

パッケージ: r-base-core (2.15.1-4)

r-base-core に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

r-base ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

統計およびグラフィックシステム GNU R の中核パッケージ

R は、統計計算とグラフィクスのためのシステムです。R は言語、グラフィックを サポートするランタイム環境、デバッガから構成され、一部のシステム関数にアク セスでき、スクリプトファイルに保存したプログラムを実行することができます。

R の設計は、Becker, Chambers & Wilks の S と、Sussman の Scheme に非常に強 く影響を受けています。外見的には S によく似ており、一方で基礎部分の実装とセ マンティクスは Scheme に由来しています。

R の中核はインタープリタ式コンピュータ言語で、分岐、ループが可能で、関数を 使ったモジュール型プログラミングもできます。R のユーザから見える関数のほと んどは、R で書かれています。R のコアの多くの関数と同様に、効率を良くするた めに C, C++ または FORTRAN で書かれた手続きに接続することができます。R の ディストリビューションには、膨大な統計の手続きと、その基礎となる応用数学の 計算アルゴリズムが含まれています。さらに、多種にわたるデータを表現するた め、柔軟性のあるグラフィック環境を提供する多くの関数群が存在します。

また、2000 を超える拡張「パッケージ」が CRAN (Comprehensive R Archive Network) から入手可能で、その多くが 'r-cran-<name>' という名前の Debian パッケージにもなっています。

このパッケージは GNU R システムの中核部分を提供します。このパッケージのサイ ズをある程度小さくするため、ドキュメンテーションパッケージ r-base-html, r-doc-html, r-doc-pdf, r-doc-info はオプションとして分割しています。

タグ: ソフトウェア開発: GNU R での開発, ライブラリ, 分野: 統計学, 実装言語: implemented-in::c, implemented-in::fortran, GNU R, ユーザインタフェース: interface::commandline, interface::shell, X ウィンドウシステム, 役割: アプリケーションデータ, role::program, scope::utility, アプリケーションスイート: GNU

その他の r-base-core 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

r-base-core のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
mipsel 19,702.9 kB32,089.0 kB [ファイル一覧]