すべてのオプション
wheezy  ] [  jessie  ] [  stretch  ] [  buster  ] [  sid  ]
[ ソース: jpegpixi  ]

パッケージ: jpegpixi (1.1.1-4.1)

jpegpixi に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

jpegpixi ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

最小限の画質劣化だけで JPEG 画像からホットスポットを削除

jpegpixi は "JPEG pixel interpolator" の略語です。ピクセルを (一般には "JPEG 画像" と呼ばれる) JFIF 画像で補完するコマンドラインのユーティリティ です。CCD に欠陥を持つデジタルカメラで撮った画像を修正するのに役立ちます

jpegpixi はできるだけ JFIF 画像の品質を保持しようと試みます。 ほとんどのグラフィックプログラムは読み込み時に JFIF 画像をデコードし、 保存時に再エンコードします。この結果ほとんどの場合画質が劣化します。 一方、jpegpixi は画像のデコードと再エンコードを行いませんが、エンコード された画像データを操作します。こうすることにより、EXIF メタデータも 保持されます。

タグ: 分野: 天文学, 実装言語: C, ユーザインタフェース: interface::commandline, role::program, 対象範囲: ユーティリティ, サポート形式: works-with-format::jpg, works-with::image, 取り扱い対象: ラスタ画像

その他の jpegpixi 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

jpegpixi のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
mipsel 67.9 kB202.0 kB [ファイル一覧]