すべてのオプション
wheezy  ] [  jessie  ] [  stretch  ] [  buster  ] [  sid  ]
[ ソース: webkit  ]

パッケージ: libwebkitgtk-dev (1.8.1-3.4)

libwebkitgtk-dev に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

webkit ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

Web content engine library for GTK+ - Development files

WebKit is a web content engine, derived from KHTML and KJS from KDE, and used primarily in Apple's Safari browser. It is made to be embedded in other applications, such as mail readers, or web browsers.

It is able to display content such as HTML, SVG, XML, and others. It also supports DOM, XMLHttpRequest, XSLT, CSS, Javascript/ECMAscript and more.

This package provides development files required to create GTK+ applications embedding WebKit.

タグ: ソフトウェア開発: ライブラリ, 役割: 開発ライブラリ, : secteam::wheezy-unsupported

その他の libwebkitgtk-dev 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

libwebkitgtk-dev のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 205.9 kB3,229.0 kB [ファイル一覧]
armel 206.9 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
armhf 206.8 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
i386 205.5 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
ia64 206.0 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
kfreebsd-amd64 204.3 kB3,115.0 kB [ファイル一覧]
kfreebsd-i386 204.2 kB3,115.0 kB [ファイル一覧]
mips 204.5 kB3,154.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 203.2 kB3,150.0 kB [ファイル一覧]
powerpc 206.3 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
s390 204.7 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
s390x 205.4 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]
sparc 205.8 kB3,168.0 kB [ファイル一覧]