すべてのオプション
squeeze  ] [  wheezy  ] [  jessie  ] [  sid  ] [  experimental  ]
[ ソース: make-dfsg  ]

パッケージ: make (3.81-8.2)

make に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

make-dfsg ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

コンパイルを制御するユーティリティ

GNU Make は、プログラムのソースファイルからプログラムの実行ファイルやその他 の対象ファイルを生成する作業を制御するユーティリティです。大きなプログラム のどの部分を (再) 生成すべきかを自動判定し、その (再) 生成に必要なコマンド を発行します。Make はプログラムや実行ファイルに限らず、入力ファイルの一式を 元に対象ファイルの一式を生成しなければならないどんなタスクに対しても、依存 関係や処理規則を与えることで利用できます。まさに、Make は汎用目的の依存関係 解決ユーティリティなのです。

タグ: ソフトウェア開発: ビルドツール, 実装言語: C, ユーザインタフェース: interface::commandline, role::program, 対象範囲: ユーティリティ, アプリケーションスイート: GNU, 取り扱い対象: ソースコード

その他の make 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

make のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
kfreebsd-i386 380.8 kB935.0 kB [ファイル一覧]