すべてのオプション
stretch  ]
[ ソース: resiprocate  ]

パッケージ: librecon-1.11 (1:1.11.0~beta1-3+deb9u1)

librecon-1.11 に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

resiprocate ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

reSIProcate conversation manager - shared libraries

reSIProcate is a framework that aims to fully implement the SIP protocol in first class C++. It is intended for use in other applications, such as the repro SIP proxy.

This package provides the conversation manager library, librecon, implementing the core functionality of a back-to-back user agent (B2BUA), session border controller (SBC) and conferencing server.

As reSIProcate has no built-in media framework, this package depends on the media framework from the sipXtapi project. However, it does not utilise any other features of sipXtapi for the session control. Future versions of recon aim to support multiple media frameworks using an abstraction layer.

その他の librecon-1.11 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

librecon-1.11 のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 297.5 kB1,136.0 kB [ファイル一覧]
arm64 268.8 kB1,143.0 kB [ファイル一覧]
armel 256.2 kB985.0 kB [ファイル一覧]
armhf 261.8 kB789.0 kB [ファイル一覧]
i386 321.8 kB1,149.0 kB [ファイル一覧]
mips 247.8 kB1,242.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 254.9 kB1,419.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 253.2 kB1,246.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 281.0 kB1,443.0 kB [ファイル一覧]
s390x 275.7 kB1,235.0 kB [ファイル一覧]