すべてのオプション
jessie  ] [  stretch  ] [  buster  ] [  sid  ]
[ ソース: liblas  ]

パッケージ: liblas-dev (1.8.1-3 など)

liblas-dev に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

liblas ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

ASPRS LiDAR data translation library - C++ development files

libLAS is a C/C++ library for reading and writing ASPRS LAS versions 1.0, 1.1 and 1.2 data. The LAS format is a sequential binary format used to store data from sensors and as intermediate processing storage by some LiDAR-related applications. LiDAR (Light Detection and Ranging) is an optical remote sensing technology that measures properties of scattered light to find range and/or other information of a distant target. The prevalent method to determine distance to an object or surface is to use laser pulses.

This package contains the development files to build applications in C++.

タグ: ソフトウェア開発: C++ での開発, ライブラリ, 実装言語: C++, 役割: 開発ライブラリ

その他の liblas-dev 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

liblas-dev のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ バージョン パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
arm64 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
armel 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
armhf 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
i386 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
mips 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]
s390x 1.8.1-3+b1 91.4 kB662.0 kB [ファイル一覧]