すべてのオプション
squeeze  ] [  wheezy  ] [  jessie  ] [  sid  ]
[ ソース: wcd  ]

パッケージ: wcd (5.1.2-1)

wcd に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

wcd ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

ディレクトリ変更時のタイピングの手間を省く

Wcd (Whenever Change Directory) は、素早くディレクトリを変更するための プログラムです。キーボードのタイプ時間を節約します。wcd は、ディレクトリ名 の一部をタイプするだけで、目的のディレクトリに移動します。wcd は、標準設定 では以前にタイプされた名前で始まるディレクトリを検索しますが、ワイルド カードの利用も完全にサポートしています。

タグ: ユーザインタフェース: テキストベースの対話, 役割: プログラム, 対象範囲: ユーティリティ, インタフェースツールキット: Ncurses TUI

その他の wcd 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

wcd のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 135.6 kB352.0 kB [ファイル一覧]
armel 129.8 kB332.0 kB [ファイル一覧]
i386 130.4 kB340.0 kB [ファイル一覧]
ia64 153.1 kB436.0 kB [ファイル一覧]
kfreebsd-amd64 136.6 kB284.0 kB [ファイル一覧]
kfreebsd-i386 130.1 kB270.0 kB [ファイル一覧]
mips 133.1 kB368.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 134.0 kB368.0 kB [ファイル一覧]
powerpc 132.3 kB344.0 kB [ファイル一覧]
s390 134.6 kB344.0 kB [ファイル一覧]
sparc 131.3 kB340.0 kB [ファイル一覧]