すべてのオプション
squeeze  ] [  squeeze-backports  ] [  wheezy  ] [  wheezy-backports  ] [  jessie  ] [  sid  ]
[ ソース: cmake  ]

パッケージ: cmake-curses-gui (2.8.2+dfsg.1-0+squeeze1)

cmake-curses-gui に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

cmake ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

curses based user interface for CMake (ccmake)

CMake is used to control the software compilation process using simple platform and compiler independent configuration files. CMake generates native makefiles and workspaces that can be used in the compiler environment of your choice.

This package provides the CMake curses interface. Project configuration settings may be specified interactively through this GUI. Brief instructions are provided at the bottom of the terminal when the program is running. The main executable file for this GUI is "ccmake".

タグ: ソフトウェア開発: ビルドツール, 実装言語: C++, ユーザインタフェース: テキストベースの対話, 役割: プログラム, 対象範囲: ユーティリティ, インタフェースツールキット: Ncurses TUI

その他の cmake-curses-gui 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

cmake-curses-gui のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
kfreebsd-i386 1,661.8 kB3,170.0 kB [ファイル一覧]