すべてのオプション
squeeze  ] [  wheezy  ] [  jessie  ] [  sid  ]
[ ソース: cimg  ]

パッケージ: cimg-dev (1.3.9-1)

cimg-dev に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

cimg ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

powerful image processing library

The CImg Library is a C++ toolkit providing simple classes and functions to load, save, process and display images in your own C++ code. It consists only of a single header file CImg.h that must be included in your program source. It contains useful image processing algorithms for loading/saving, resizing/rotating, filtering, object drawing (text, lines, faces, ellipses, ...), etc.

Images are instantiated by a class able to represent images up to 4-dimension wide (from 1-D scalar signals to 3-D volumes of vector-valued pixels), with template pixel types. It depends on a minimal number of libraries : you can compile it with only standard C libraries. No need for exotic libraries and complex dependencies.

タグ: ソフトウェア開発: ライブラリ, 実装言語: C++, 役割: 開発ライブラリ, 取り扱い対象: 画像, ラスタ画像, X ウィンドウシステム: ライブラリ

その他の cimg-dev 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

cimg-dev のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
all 608.6 kB4,016.0 kB [ファイル一覧]