すべてのオプション
squeeze  ] [  squeeze-backports  ] [  wheezy  ] [  jessie  ] [  sid  ]
[ ソース: puppet  ]

パッケージ: puppet-common (2.7.18-3~bpo60+1) [backports]

puppet-common に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

puppet ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

設定の一元管理

Puppet により、クロスプラットフォームな記述言語を使って、システムの重要なあ らゆる側面を一元管理できます。ユーザや cron ジョブ、hosts のような通常であ れば別々のファイルに集約される個別の要素すべてを、パッケージやサービス、 ファイルのようなそれぞれが明らかに別個の要素と一緒に管理できます。

Puppet のシンプルな宣言型記述言語は、ホスト間で類似した部分を書ける一方、必 要に応じて具体的に書ける強力なクラス分けを可能にします。また対象間の前提条 件といった関係を明確にかつ明示的に取り扱えます。

本パッケージには puppet のソフトウェアおよびドキュメンテーションが含まれま す。puppet エージェントおよびマスターの実行に必要なスタートアップスクリプト については、それぞれ "puppet" および "puppetmaster" パッケージをご覧ください。

その他の puppet-common 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

puppet-common のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
all 994.3 kB3,317.0 kB [ファイル一覧]