すべてのオプション
jessie  ] [  stretch  ] [  stretch-backports  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  sid  ]
[ ソース: rdma-core  ]

パッケージ: librdmacm1 (22.1-1)

librdmacm1 に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

rdma-core ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

Library for managing RDMA connections

librdmacm is a library that allows applications to set up reliable connected and unreliable datagram transfers when using RDMA adapters. It provides a transport-neutral interface in the sense that the same code can be used for both InfiniBand and iWARP adapters. The interface is based on sockets, but adapted for queue pair (QP) based semantics: communication must use a specific RDMA device, and data transfers are message-based.

librdmacm only provides communication management (connection setup and tear-down) and works in conjunction with the verbs interface provided by libibverbs, which provides the interface used to actually transfer data.

This package contains the shared library.

その他の librdmacm1 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

librdmacm1 のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 63.8 kB197.0 kB [ファイル一覧]
arm64 60.4 kB181.0 kB [ファイル一覧]
armel 54.1 kB168.0 kB [ファイル一覧]
armhf 54.8 kB136.0 kB [ファイル一覧]
i386 67.2 kB200.0 kB [ファイル一覧]
mips 57.3 kB186.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 58.4 kB196.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 58.0 kB190.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 69.2 kB249.0 kB [ファイル一覧]
s390x 56.6 kB189.0 kB [ファイル一覧]