すべてのオプション
jessie  ] [  stretch  ] [  buster  ] [  sid  ]
[ ソース: ufraw  ]

パッケージ: ufraw-batch (0.22-4)

ufraw-batch に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

ufraw ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

raw カメラ画像用のバッチ式インポートツール

これは、ハイエンドのデジタルカメラから raw データをインポートするコマンドラ インのバッチ式ツールです。

Unidentified Flying Raw (UFRaw) は、デジタルカメラから raw 画像を変換したり 操作するためのユーティリティです。独立したツールとして、あるいは GIMP のプ ラグインとして使用でき、コマンドラインインターフェースを使えば画像のバッチ 処理も可能です。UFRaw は、Dave Coffin 作の raw 変換ユーティリティである DCRaw を利用して既存の大半の raw 形式を読み込み、また、Little CMS を使った 基本的な色管理に対応しており、ユーザはカラープロファイルを適用できます。

タグ: 使用を可能にするハードウェア: デジタルカメラ, 実装言語: C, ユーザインタフェース: interface::commandline, role::program, 対象範囲: ユーティリティ, 取り扱い対象: 画像

その他の ufraw-batch 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

ufraw-batch のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
armhf 351.8 kB1,089.0 kB [ファイル一覧]