すべてのオプション
jessie  ] [  stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  sid  ]
[ ソース: tcm  ]

パッケージ: tcm (2.20+TSQD-5)

tcm に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

tcm ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

類似のパッケージ:

概念設計 (TCM) 用ツールキット

The Toolkit for Conceptual Modeling (TCM) とは、ソフトウェアシステムの 概念モデルを図、テーブル、ツリーなどで表現するためのソフトウェアツール集 です。システムの概念モデルとは、システムの要求又はアーキテクチャを表現 するために使用される構造を示します。TCM は、求めるシステムへの要求を 指定し、維持するために利用されるために作成されており、そのシステムでは、 問題分析のために、数多くの技術や経験則、機能改良、挙動の指定、そして アーキテクチャ規格が利用されています。TCM はこれらの設計作業において利用 可能なグラフィカルなエディタスイートの形式をとっています。 これらのエディタは、次に示すカテゴリー付けが可能です:

 * 一般的な図、テーブル、そしてツリーのための一般的なエディタ。
 * エンティティ-リレーションシップ図 (E-R図) やイベントフロー図、
   状態遷移図、関数改良ツリー、トランザクション-ユーステーブルや
   function-entity type テーブルのための構造分析 (SA) エディタ。
 * 静的な構造図、ユースケース図、アクティビティ図、状態チャート、
   メッセージシーケンス図、コラボレーション図、コンポーネント図や
   配置図のための統一モデリング言語 (UML) エディタ。(現時点では最初の
   3 種類の UML と最後の 2 個のエディタが実装済み)
 * JSD (プロセス構造やネットワーク図)、再帰プロセスグラフやトランザクション
   分解テーブルのようなもののための雑多なエディタ。

TCM はドキュメント間の制約チェック (すなわち、名前の重複や is-a 関係における循環) をサポートします。 TCM は、(違反しようとは絶対されない) 組み込み制約と、(違反未遂が直接示される) 直接的な制約、そして (図をチェックした場合にエディタが警告する) ソフト制約を 区別します。TCM は、例えば階層的な状態チャートを扱えるように、階層的グラフのサポート を計画しています。後に追加が予定されている機能として、ドキュメントと実行可能モデル に対する制約チェック機能があります。 エディタが警告を発する)

タグ: 実装言語: C++, ユーザインタフェース: Graphical User Interface, interface::x11, role::program, 対象範囲: ユーティリティ, インタフェースツールキット: Lesstif/Motif, 目的: use::editing, use::organizing, X ウィンドウシステム: アプリケーション

その他の tcm 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

tcm のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
armhf 634.8 kB1,974.0 kB [ファイル一覧]