すべてのオプション
stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  bookworm  ] [  sid  ]
[ ソース: makebootfat  ]

パッケージ: makebootfat (1.4-8)

makebootfat に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

makebootfat ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

Utility to create a bootable FAT filesystem

Makebootfat is a command line utility able to create bootable USB disks using the FAT filesystem and syslinux.

Makebootfat is the most advanced tool available able to make bootable USB disks. It is able to autodetect/partition/format/populate the USB disk in a single step without any user interaction. It's also able to create disk images which are compatible with all the three standards USB-FDD, USB-HDD and USB-ZIP at the same time.

タグ: システム管理: システムの起動, 使用を可能にするハードウェア: 外部記憶装置, USB, 実装言語: implemented-in::c, interface::commandline, 役割: プログラム

その他の makebootfat 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

makebootfat のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 23.9 kB67.0 kB [ファイル一覧]
arm64 22.7 kB63.0 kB [ファイル一覧]
armel 20.8 kB54.0 kB [ファイル一覧]
armhf 21.0 kB50.0 kB [ファイル一覧]
i386 25.0 kB66.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 24.2 kB70.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 23.9 kB64.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 25.5 kB91.0 kB [ファイル一覧]
s390x 22.9 kB63.0 kB [ファイル一覧]