すべてのオプション
stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  bookworm  ] [  sid  ] [  experimental  ]
[ ソース: libxml2  ]

パッケージ: libxml2-utils (2.9.10+dfsg-6.7)

libxml2-utils に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

libxml2 ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

XML ユーティリティ集

XML は、独自のマークアップ言語を設計するためのメタ言語です。通常のマーク アップ言語、例えば HTML などは、ある特定の種類の文書の情報を記述するための 方法を定義します。XML を使うと、カスタマイズした独自のマークアップ言語をさ まざまな種類の文書に対して定義できます。これが実現できるのは、XML が SGML (マークアップ言語用の国際標準のメタ言語) で書かれているためです。

本パッケージは、 XML 文書を検証・再フォーマットするツール xmllint と、XML および SGML カタログファイルをパース・操作するツール xmlcatalog を提供します。

タグ: 実装言語: C, ユーザインタフェース: コマンドライン, 役割: role::program, scope::utility, インタフェースツールキット: Ncurses TUI, 目的: use::checking, works-with-format::xml

その他の libxml2-utils 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

libxml2-utils のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 106.1 kB181.0 kB [ファイル一覧]
arm64 104.9 kB181.0 kB [ファイル一覧]
armel 104.3 kB167.0 kB [ファイル一覧]
armhf 104.8 kB159.0 kB [ファイル一覧]
i386 107.2 kB179.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 103.6 kB182.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 103.4 kB179.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 107.7 kB289.0 kB [ファイル一覧]
s390x 103.8 kB185.0 kB [ファイル一覧]