すべてのオプション
stretch  ] [  buster  ] [  bullseye  ] [  bookworm  ] [  sid  ]
[ ソース: ffmpeg  ]

パッケージ: libavdevice-dev (7:5.1.2-1)

libavdevice-dev に関するリンク

Screenshot

Debian の資源:

ffmpeg ソースパッケージをダウンロード:

メンテナ:

外部の資源:

類似のパッケージ:

入出力デバイスを扱う FFmpeg ライブラリ - 開発用ファイル

FFmpeg は先進的マルチメディアフレームワークです。人間と機械が作成したものの 大部分をデコード、エンコード、トランスコード、マルチプレクス、デマルチプレ クス、ストリーム、フィルタ、再生できます。ほとんど忘れさられた古代のフォー マットから、最先端のフォーマットまでをサポートします。

本ライブラリは、多くの一般的なマルチメディア入力デバイスからの録画および出 力デバイスへのレンダリングを行う包括的フレームワークを提供します。 Video4Linux, VfW, DShow, ALSA などのいくつかの入力・出力デバイスをサポート します。

本パッケージには、開発用ファイルが含まれています。

タグ: ソフトウェア開発: C での開発, ライブラリ, 実装言語: C, 役割: role::devel-lib, role::program, 取り扱い対象: 音声, 映像・動画

その他の libavdevice-dev 関連パッケージ

  • 依存
  • 推奨
  • 提案
  • enhances

libavdevice-dev のダウンロード

すべての利用可能アーキテクチャ向けのダウンロード
アーキテクチャ パッケージサイズ インストールサイズ ファイル
amd64 127.0 kB435.0 kB [ファイル一覧]
arm64 126.8 kB458.0 kB [ファイル一覧]
armel 124.2 kB367.0 kB [ファイル一覧]
armhf 123.8 kB335.0 kB [ファイル一覧]
i386 136.4 kB391.0 kB [ファイル一覧]
mips64el 132.9 kB528.0 kB [ファイル一覧]
mipsel 134.1 kB405.0 kB [ファイル一覧]
ppc64el 133.8 kB482.0 kB [ファイル一覧]
s390x 124.0 kB441.0 kB [ファイル一覧]